片付けが苦手な主婦の家ロジ実践日記

片付けを後回しにしていて、いつの間にか家中をモノに占領されてしまった主婦を、誰でもできる驚異の整理整頓システム「家ロジ」は救えるのか?

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「捨てる!」を実践するための考え方(2)

「捨てる!生活」の考え方は、「絶対に使うモノ」「絶対に使わないモノ」
「判断がつかず、わからないモノ」の3つに分類し、
「わからないモノ」は「どうでもいいモノ」だから、全て「捨てる!」のが基本。

しかし、そんなことが出来ない人は、3つのポイントで見直し、あとはきっぱり迷いをふっきることを提案しています。

「使うかどうかわからないモノ」の多くが、「いつか使うかも知れない」というあやふやな理由。「いつか」という迷いから逃れるためには、「使い切った」という考え方を取り入れる。

昔と違って今は、壊れるまで使い切るのはほとんど不可能な時代なので、自分なりの「使い切った」という基準を設定する必要がある。そして「使い切った」と思えたら、「お役目ごくろうさま」と感謝して「捨てる!」

「使い切った」と思えないモノは、今すぐに使い始めること。
決してしまい込まないようにする。

しかし、「使い切った」とは思えないけれど、「今すぐ使え」といわれても困るモノは、ストック(備え)です。

使いまわせる量、適量を超えた分は「捨てる!」
収納場所で適量を決めて、はみ出したら取捨選択する。

そして、好きなモノは残す。
気に入らないモノは、使わないものだから、「捨てる!」

最後に、3つのポイントをまとめます。

 「使い切った」と思ったら、「捨てる!」
 「適量」以外は、「捨てる!」
 「好き」なモノ以外は、「捨てる!」



にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます!
とても励みになります。
関連記事

| 捨てる! | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ielogi.blog.fc2.com/tb.php/169-c5e7ebbf

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。