片付けが苦手な主婦の家ロジ実践日記

片付けを後回しにしていて、いつの間にか家中をモノに占領されてしまった主婦を、誰でもできる驚異の整理整頓システム「家ロジ」は救えるのか?

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

捨てられない聖域を作らない

「捨てる!技術」の「捨てるための考え方」
第4条 他人の「とっても便利」は、私のじゃま

道具類や家電で、「とっても便利だから」と他人から勧められたり、もらったりしたモノでも自分にとってはあまり使う機会のないモノだったという場合があります。

「とっても便利」どころか、かえってじゃまになるだけだったりします。

そんな場合、人は人、私は私、と思い切れば、普段必要を感じていないモノは処分できます。


第5条 聖域を作らない

聖域とは、「これは捨てるべきものではない」と神聖視している領域で、役に立つ、立たない、古い、新しい、というモノの価値を判断する軸とは別のところにあるものです。

書類・資料類、思い出のモノ・記念のモノ、食品、本などが聖域化しやすいのですが、アンタッチャブルだと思っているのは、実は自分だけで、そのモノを捨てられないのはあなたがそのモノに寄りかかっているからとのこと。

「あなたが死ねばみんなゴミ。それなら、死ぬ前にもっとすっきりさせた方が気持ちが良いではないか。」

これは極端な言い回しだと思いますが、要するに自分で聖域を作って、捨てられないと思い込まないようにということだと理解しました。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます!
とても励みになります。
関連記事

| 捨てる! | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ielogi.blog.fc2.com/tb.php/179-053c3857

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。