片付けが苦手な主婦の家ロジ実践日記

片付けを後回しにしていて、いつの間にか家中をモノに占領されてしまった主婦を、誰でもできる驚異の整理整頓システム「家ロジ」は救えるのか?

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「捨てる」=「ゴミにする」とは限らない

「捨てる!技術」の「テクニック10か条」
第8条  捨て場所をたくさん作る

「捨てる」ことは、自分の身のまわりからなくすことで、「捨てる」=「ゴミにする」とは限りません。

リサイクルショップに売る、誰かにあげる、別の形にして使ってしまう、メーカーに引き取ってもらう等、捨て場所が多くなるほど、モノはなくしやすいですね。

「捨てる!技術」の本には、具体的にモノ別の手放し方が書いてあり、第3章には、「より気持よく捨てるための捨て方」がもっと詳しく書かれていました。

ゴミに出す捨て方とリサイクルする捨て方では、自分の身のまわりからなくすという意味では同じなのですが、ゴミに出す前にできることで、より抵抗感なく捨てられる方法についての情報が紹介されています。

本は、「BOOK OFF」や古本屋に売る、オークションやフリーマーケットに出す、図書館に寄贈するなどの方法があります。

これらの方法についても詳しく書かれていて、捨ててしまった本の探し方まで書いてありました。

洋服は、リサイクルショップやフリーマーケットに出すほかにも、まとめて処分したい人やお金はいらないがゴミにするのは嫌な人のために、寄贈する機関も紹介されています。

しかし、「リサイクルしたい」という気持が「どうせリサイクルするんだから」と思って安易にモノを増やす悪循環になったり、リサイクルしたつもりでも誰かが自分の代わりにゴミにしてくれるだけになることがあることも書かれていて、考えさせられました。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます!
とても励みになります。
関連記事

| 捨てる! | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ielogi.blog.fc2.com/tb.php/187-173b0387

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。